体験提供トライアルレポート③
ワンランク上のセルフネイル

「ワンランク上のセルフネイル」
(ホスト:Makiさん/ゲスト:Dさん)

ネイリスト技能検定1級の資格を持つMakiさんが、自宅で行うセルフネイルのポイントや上手に仕上げるコツを丁寧に教えてくれます。所要時間は約2時間。体験提供の詳細についてはコチラから。

これまでネイルサロンで施術を受けた経験はあるけれど、普段セルフケアで行っているのは「爪を切るくらいです(笑)」というDさん。

トライアルイベントを実施したのは12月。Dさんの希望に合わせて、クリスマス気分を盛り上げてくれるネイルのデザインをMakiさんが用意してくれました。華やかな指先になりそう!

ネイルを長持ちさせるために、まずは手をきれいに消毒した後、自爪の状態を整えます。「セルフネイルを行うときもこのひと手間を加えると、ネイルが剥がれにくくなりますよ」と、Makiさん。

Makiさんのお手本を参考に、まずは自分でトライしてみます。うまく塗るための刷毛の動かし方や力の入れ方、きれいに見えるポイント、ミスしたときの修正の仕方など、プロならではのテクニックをたくさん教えてくれました。

自分では塗りにくい利き手側は、Makiさんが施術してくれます。「うわ〜、キレイです!」と、Dさんも感動の仕上がり。

Dさんのクリスマスネイルのでき上がり! イルミネーションのようなアートも素敵ですね。

ホスト&ゲストへのインタビュー

ホスト:Makiさんのお話

ネイルアートを自分でやってみたいけど、利き手にアートをするのは難しいと感じている方に向けて、ネイルサロンとネイルスクールの良いところを取って片方はご自身で、反対を私が施術するプランを考えてみました。ゲストの方それぞれの、ネイルに関する経験や知識の量に合わせた内容にしたいと思っていたのですが、今回は事前にゲストの方にお話しを聞けたので、いろいろと準備ができて良かったです。

私は当初、「自分が提供できることなんて無いのではないか」と思っていたのですが、こうして普段はなかなか触れ合うことができない方と出会えてとても楽しい時間を過ごすことができ、今回チャレンジしてみて良かったと思いました。

ゲスト:Dさんのお話

私は今まで少し難しいネイルに自分で挑戦したいと思っていたのですが、これまで全く機会がなかったので、この機会にぜひやってみたいと思い参加しました。

セルフネイルをするのが初めてだったので、ネイルを塗るときに力が入ってしまい、うまく塗るのが難しかったです。でも、これから何度かやっていけば上手くなるかなと思います。自分ひとりでネイルを始めるとなると、ラインストーンなどのパーツや道具は自分で買い揃えないといけませんが、体験提供に参加することで、試しに使ってみることができてよかったです。

「今までやったことがないこと」を探して挑戦するのは機会がなければ難しいことですが、体験提供はホストの方がいろんな専門知識を教えてくれるので嬉しいです。学ぶのが好きな人は、体験提供に挑戦してみると良いんじゃないかと思います。