体験提供トライアルレポート⑥
目からウロコの書道体験~お習字から一歩踏み出て”書”の世界へ

「目からウロコの書道体験~お習字から一歩踏み出て”書”の世界へ」
(ホスト:筆人ふでんちゅさん/ゲスト:Tさん)

大学の書道科を卒業後、30年以上書道を教えているホストから書について学べるプランです。英語の通訳OKなので、外国人の方も参加可能。体験提供の詳細についてはコチラから。

まずは「書道」へのガイダンス。書道の目的や筆の使い方、活かし方についてのお話を聞きます。

「まずは十という文字を書いてみましょう」と筆人ふでんちゅさん。実は、このシンプルな“十”という文字に書道の基本がほぼ全て詰まっているのだとか! 書道って奥が深いですね。

ポイントとなる筆のねじれを生む腕の動かし方について教わります。「車のワイパーをイメージして腕を動かしてみましょう。すると筆の動きが良くなりますよ」

横の線よりも、縦の線を書く腕の動かし方が難しいのです! 筆を一緒に持って、何度も動かしながら学びます。

筆の置き方や縦線の位置など、本日学んだ様々なテクニックを駆使して、ついに“十”の完成! 「Tさんは初めてにもかかわらず、縦の線の筆の動かし方がとてもお上手でした」と、ホストの筆人ふでんちゅさんも感心されていました。

ホスト&ゲストへのインタビュー

ホスト:筆人ふでんちゅさんのお話

書道の上達に最も必要な筆の毛の引っかかる感触の掴み方を体験していただくと、書道の表現や面白さの扉を開けることができるのではないかと思い、今回のプランを考えてみました。

今回は初めてだったので、「これも伝えたい」「あれも盛り込もう」と、時間を取り過ぎた部分がありました。もう少しコンパクトにまとめることが課題ですね。

今後、様々な体験提供のプランが出てきて選択肢が広がると楽しいですよね。自分の発信したいことや得意なことを、たくさんの人がアイディアを出し合って発信してくれると、もっと盛り上がっていくと思います。

ゲスト:Oさんのお話

今日は、目からうろこの書道体験ができ、手ぶらでも参加できるということで申し込みました。

書道の筆を持つのは中学校以来だったのですが、筆の持ち方や筆の運び方など、これまで学んでいたことと全く違い戸惑いつつも、新しい発見がありとても勉強になりました。今までの自分の暮らしてきた環境では出会えなかったことを体験できて、新しい発見ができて楽しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です